Q&A」タグアーカイブ

中古の冷蔵庫は壊れやすくないですか?

Q、冷蔵庫を買い換えようと思っているのですが、中古の冷蔵庫は壊れやすくないですか?
A、リサイクルショップで売っている中古の冷蔵庫ほうが、やはり新品よりも壊れるリスクは高いです。しかし、その分リサイクル商品は購入金額が安くなるというメリットがあります。

「冷蔵庫の買い換えを考えているが、リサイクルショップで取り扱っている中古の冷蔵庫は壊れやすくないのか」というご質問ですが、やはり新品よりも中古のほうが壊れやすいというのが結論です。当たり前といえば当たり前ですが。

冷蔵庫の耐用年数は何年?

その理由は、耐用年数の問題です。

冷蔵庫の耐用年数は7年※1とも10年※2とも15年とも言われています。

※1、メーカーには7年間は修理交換用の部品を保有しなければならない義務がある

※2、近年の家電量販店では冷蔵庫の購入に10年保証(有償)をつけている会社もある。

冷蔵庫の場合、壊れるというのは一般的に冷えなくなる(冷凍・冷蔵できなくなる)という現象をさすのですが、主にコンプレッサーが動作しなくなるというのが原因です。といっても少しややこしいのは、コンプレッサーそのものが壊れているというより、周辺の霜取りタイマー、サーモスタット、温度センサ、制御基板などのパーツが不良になるという原因でコンプレッサーが動かなくなり、結果、冷蔵庫全体が冷えなくなるのです。

しかしリサイクル品の価格は新品の半額

リサイクルショップで販売している中古冷蔵庫は、新しいもので発売してすぐの新古品(この記事を書いている2015年10月現在で、うちのお店にも2015年製の冷蔵庫があります)からだいたい7年ほど前の製品が置いてあります。その価格は2年落ち、例えば2015年現在の2013年製冷蔵庫の2ドア冷蔵庫は、家電量販店の値段が約30,000円のところ、リサイクルショップでは15,000円で販売しております。5年落ちなら12,000円程度でしょうか。年式が1年落ちるごとに1,000円づつ安くなると考えてもらえばいいです。

リスクを考えて判断を

耐用年数はあくまでも目安です。新品で購入しても壊れるものは1年でも壊れますし、中古で買っても10年使用できるものもあります。私の家で使っている冷蔵庫も2003年製なので、もう12年使っていることになりますね。もちろんリサイクル品ですが。もちろん、古くなればなるほど故障のリスクは高まりますので、そのリスクと安くなる金額を考慮して判断してもらえればいいと思います。個人的にはリサイクルショップで極力年式の高いもの(今年製か1年ほど前のもの)を買うのが、おすすめです。購入の際の参考にしてみてください。