洗濯機」タグアーカイブ

洗濯機

洗濯機と冷蔵庫とも

こんにちはー

いつも当ショップのブログをご覧頂きありがとうございます!

 

先日は洗濯機と冷蔵庫ともに出張でかいとりさせていただきました!

2015年製!買って半年で単身赴任から戻ることになってしまったらしいです。

遠方の場合、引っ越しで運搬すると、そのほうが高くつきますもんねー。

責任をもってアールイーが次の必要とされる方に売らせていただきます!!

 

わくわくリサイクルショップアールイー

京都・滋賀・不用品回収のその前に

トヨトミの灯油ストーブ

ぷにぷに

こんにちはー

妖怪ウォッチのLevel5がディズニーツムツムに対抗して、妖怪ウォッチぷにぷにというアプリゲームを出しましたのをご存知でしょうか。私は昨日からやっております。パクリというか、インスパイアというか、もうここまでくれば清々しい。堂々としたもんです。しかし内容はつむつむの発展系なのでまちがいなく面白い。そこがユーザーとして、倫理的問題との葛藤となりますよねー。

はい、そういうわけで、本日もわくわくリサイクルアールイーは元気に営業しております。

不用品回収のご相談、家電の出張買取はお任せください!

 

京都・リサイクルショップアールイー

075-200-4424

洗濯機の容量4.2kgとか5kgとかってなんですか?

Q、洗濯機の容量4.2kgとか5kgとかってなんでしょうか?洗濯槽の大きさのことですか?
A、洗濯機で一度に洗える容量の目安のことです。木綿布の乾燥重量というものが基準になっています。

おそらくみなさんが洗濯機を購入する時に、一番の目安とするのがこの洗濯・脱水容量だと思います。一人暮らしなら4.2kgか5kgで十分で、毛布を洗いたいなら6kg以上はないとなぁ、なんて聞いたことはないでしょうか。ではこの洗濯・脱水容量とは何を基準としているのでしょうか。

それは木綿布の乾燥重量でした

日本工業規格(JIS)いわゆるJIS(ジス)マークのJISが定めた基準で、テスト用木綿の乾燥重量を指します。洗濯槽に入る水の容量ではないんですね。水の容量は50L(リットル)、70L(リットル)とリットル表記で別に記載されていますので、機会があればそちらも見てみてはいかがでしょうか。洗濯機本体の横か裏側にシールが貼ってあります。

乾燥重量テストの基準とされいる木綿ですが、コットンとも呼ばれ、Yシャツ、くつした、下着など一般的な衣類に使用されています。布団などは綿が使用されている場合が多く、この基準には当てはまりません。化繊(化学繊維)、レーヨン、ポリエステル、ナイロンなども基準外です。

しかし、洗濯・脱水容量4.2kgの洗濯機に4.2kgの重量の洗濯物を入れていいわけではありません。一般的には表示容量の7~8割までを目安に使用するのが良いと言われています。

最後に、購入の際の簡単な目安としては、一人暮らしなら4.2kgか5kg。3人家族なら6kg以上。毛布を洗いたいなら6kg以上。布団を洗いたいなら8kg以上をおすすめしております。もちろん、毎日洗いたい人、一週間ためて洗いたい人など生活スタイルによってそれぞれ違いますので、それぞれの優先順位に合わせてお選びいただくのが良いかと思います。参考になりましたでしょうか。